治療でどこまで改善できる?性同一性障害の治療

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

性同一性障害の人も多くなっていますが、日本ではまだ認められていないと言われています。性別といえば男性か女性となっています。しかし、性別には生物学的な性別と自分の性別をどのように意識するかという2つの側面があるのです。

性同一性障害は治療が出来ると言われていますが、どんな治療がおこなわるのでしょうか。

・精神療法です。これまでの生活の中で性同一性障害のために受けてきた精神的、社会的、身体的苦痛について、十分な時間をかけて聞いていき、いずれの性別で生活するのが本人にとってふさわしいのかを決定したり、選択したりして援助していきます。選択した性別で生活する事を支援する事も精神療法の段階で必要になってきます。

・内分泌療法です。これはホルモン療法で、十分な精神療法を行っても自分の性別とジェンダーの不一致に悩んで、身体的特徴を少しでもジェンダーに合わせたいと希望する際には、ホルモン療法を行っていきます。

その際には、何よりも注意点があり、選択した性別に対する持続的で、安定した適合感があり、第二段階に移行するための条件を満たしているという事が大切になります。また、十分な身体検査を行い、必要な検査の結果、ホルモン療法に支障がないかどうか確認していきます。

ホルモン療法の手技、効果と限界、引き起こしてしまう副作用についてもきちんと十分な説明があり、その中で同意をすることも大切になってきます。家族やパートナーにもホルモン療法の効果と起こってしまう可能性のある副作用について説明を行って、納得を得る努力をすることも大切です。年齢に関しては、18歳以上です。ホルモン療法中の乳房切除術も容認する必要があります。

・外科的療法です。外性器等に外科的に手を加えて、性別適合手術を行っていきます。体を自分が思っている性別に変えていくというような流れとなっています。

実際に、今の時代では、多いと言われていますが、原因としては、育った環境や小さい頃からの思いなども関係してくると言われています。今の時代は性同一性障害の人も多くなっていますが、家族にも相談する事が出来ず、一人で悩んでいるというケースも多いと言われています。

何よりも理解する事も大変に感じますが、病気という事を周りの人もきちんと理解してあげる必要があり、責めるだけでなく、きちんと話を聞いてあげることが何よりも大切になってきます。

今の時代は、性同一性障害の治療方法としても、様々な治療法があり、多くの方が、20歳を過ぎてから行っています。ある程度の年齢に達した際に、自分の症状をきちんと理解することが出来て、自分の考え方をまとめることが出来ます。

芸人さんなどにも多いのですが、何より自分の中を綺麗にする事により、イキイキした生活を送ることが出来るようになったというケースが多いようです。後悔するという事ではなく、きちんと自分が考えることが出来るようになって様々な治療を受けることが大切になってきます。